鮭の町!鮭求めて北海道標津町へ【亀代食堂】の鮭三食丼にはあの〇〇が!!

北海道グルメ
この記事は約5分で読めます。


北海道の鮭

北海道は海鮮三昧ではあるけれど、実はお鮨屋さんで、鮭のお刺身やお鮨が食べられるところが少ないってご存知ですか?

えっ?!どういうこと?と思う方へ

北海道の鮭とサーモンの違いが知れば、標津の鮭が希少でとても美味しいという結論に至るのです。しかも、天然の鮭と養殖が多いサーモンとでは、育った環境が違うのです。

 

そもそも、天然の鮭のネタは希少なので、この頃の回転寿司屋さんでは鮭では無く、サーモンがネタとして握られています。だから、北海道の鮭どころと言っても過言では無い、標津町の海鮮丼は、鮭がネタとして食べられる貴重なお店があります。

今回、お邪魔したお店が、こちら【亀代食堂】さんです。

 

亀代食堂の鮭の三食丼

亀代食堂さんは、食堂というだけあってラーメンやトンカツやてんぷら定食もありむしろ何でもあり~で、正直3色丼を食すまでは、さほど期待もしていなかったのですが(失礼~致しました。)

でも、三食丼が来るまでメニューを改めて見ていると、ラーメンも実に個性的なんですよ!それは【メフンラーメン】と書かれてあり、メフンとは鮭の肝臓だそうで、実に珍しいですし、さすがは鮭の町という印象~

 

そんな風に待っていると、三食丼が来ました。

早速、頂くと!先ほど思った食堂だから、さほど期待はしていなかったなんて、なんて失礼な・・・もうかなりの鮮度と美味しさに感動~~~~~

本当に、ネタが美味しいんですよ!!しかも、それだけじゃなかった!!!

鮭の町標津は、カントリーサインも「鮭」なだけあり、実は鰹節ならぬ、鮭節と呼ばれる物があり、ミシュランのお店でも支持される程、とても美味しく上品な旨味が取れ、もちろん食べても美味しいので、私も標津にお邪魔した際に、初めて購入してからはご飯やおにぎりにの具に入れたり、卵焼きや、おかずに乗せてとにかく美味しく頂いています。

その鮭節が、3色丼に乗っているんです。タイトルに〇〇とは、鮭節のこと!

それに、亀代食堂さんのこの3色丼の脇を固める玉子もとても上品な味で美味しいのも、更に感動~

大将の腕前が光るお店です。

標津の鮭節がコチラ

前回、標津町へお邪魔した際に、購入したので、封を切って食べていますが、香りが良くて食欲を誘います。三食丼には、上の写真の上の位置に乗っているのが鮭節になり、お店の方からもその様に説明を受け、香りも良く、また新鮮なネタとの相性もばっちりです。

 

天然の鮭が食べられるお店はとても少ないです。私自身北海道に住んでいますが、天然の鮭のネタを頂きに、標津町へプチトリップするという程、天然の鮭に魅了されています。

北海道は、とても広いです。天然の鮭を求めて北海道標津町を訪れてみませんか

亀代食堂のアクセス

美味しい天然の鮭をはじめ、醤油いくらや標津のアイス等盛りだくさんの特産品が選べます。

北海道標津町の特産品【さとふる】でふるさと納税

 

北海道標津郡標津町南三条西1丁目1-7

営業時間:10:00~20:00

定休日:日曜(11月~4月)、水曜(5月~10月)

営業時間・定休日は変更となる場合等もある様です。ご来店前に店舗にご確認ください。

tel:01538-2-2072



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

タイトルとURLをコピーしました